リアル起業は忙しい?「カフェでのんびり出来るのは客だけだ!」に涙目

PR

アントレプレナーの情報収集でよく他のサイトを見て研究するのですが
レッツ企業さんの記事で名言だなというのがありました。

人気なのに儲からない3大起業「雑貨屋」「カフェ」…

「人気なのに儲からない3大起業「雑貨屋」「カフェ」あと一つは?」

当サイトではネットビジネスのアントレプレナーをテーマで情報発信していますが、
アントレプレナーは「起業家」なので本質的には同じです、
ただ、実店舗型のリアルビジネスですのでその苦悩が赤裸々に綴られています。

その中でも「カフェ」のくだりが刺さりました。

「カフェでのんびり出来るのは客だけだ!」に涙目

私の周りにカフェを経営している人はいないので、実際の声を聞いたことはないのですが、
記事を読むと、名言をいただきました。

「カフェでのんびり出来るのは客だけだ!」です。

涙がちょちょぎれます。

リアル店舗のビジネスなので、初期投資がかかる

リアル店舗のビジネスなので、初期投資がすごいと思います。
始めるのに少なくても200万はかかるとありますが、
実際にはそれ以上なのではと考えます。

それでいて客単価はコーヒーにケーキなど軽食を注文したとしても
高級志向のカフェであればもっと行くでしょうが、
1000円くらいがいいほうでしょうか。

しかもお客さんはリラックスしに来ているので
30分〜1時間くらいはいますよね。
居酒屋みたいに2時間制限とかないので回転も微妙かなーと推察します。

記事にもありましたが、

もし見事軌道にのって黒字経営が出来たとしても
隣にスタバが出来た時点で終了です。

結構リスキーですよね。

リアル店舗経営詰まるところ「情熱」が大事?

ビジネス全般に言えることですが、

特にリアル店舗型のビジネスは、
例えば「俺の淹れた最高のコーシーを飲ませてやる!」とか
「俺の豚骨ラーメンを味わって、病みつきになってほしい!」など、
半端ない【情熱】がなければなかなか厳しと感じました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする