コーヒーの出し方にも作法がある。英国式・米国式知っていた?

PR

喫茶店やオフィスでの打ち合わせなどで
欠かせないと行っても過言ではない

“コーヒー”

その出し方には英式・米式の作法があることを知っていましたか?

取っ手が右が「英国式」
取っ手が左が「米国式」だそうです。

その由来は?

米国式:
ブラックで飲むのであればスプーンを使う必要が無く、
右手ですぐに飲めるので取っ手が右という説らしいです。
ある意味アメリカらしい合理的なセッティングです。

英国式:
一方の英国式は、
左手で取っ手を軽く持ち、右手で砂糖やミルクを入れてスプーンで混ぜるのに適しています。
コーヒーをいただく時は、
右手に取っ手を持ちかえ、ソーサーの上で右向きに半回転させてから持ちあげます。
紅茶の文化があるイギリスらしいスタイルではないでしょうか。

カップの模様が手前

カップに模様がある場合美しく見える方を手前にします。
日本の茶道にも同じ考えがありますよね。

ソーサーに置くスプーンは、持ち手を右にしてセットするのが一般的です。

使い終わったスプーンはカップの向こう側に置くというのも作法です。

他にも色々、奥が深いようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする