脱サラ1ヶ月目:染み込んだ生活習慣は手強いなかなかペースが掴めない。

PR

リアルな体験談として脱サラした後にどうなったか
1ヶ月目の様子をご紹介します。

一言で言えば
「染み込んだ生活習慣は手強くて、なかなかペースが掴めない」です。

染み付いた習慣はなかなか払拭できない

「さー!アフィリエイトー頑張るぞー!」と思っても、
なかなか12年間も会社員をやって癖になったものは抜け切りません。

よかった点は
24時間アフィリエイトに集中できることです。

会社員をやっていれば最低8時間、通勤時間を入れたら12時間は会社に時間を取られます。
いくらやる気はあっても帰ってきたら疲れ切っていて思う通り
アフィリエイトの作業は進みません。

過去の自分は成功報酬がないからやる気が出ない

脱サラ1ヶ月の話の前に、
過去の自分を振り返ると

「さーアフィリエイトで稼ぐぞー!」

と、何とかやる気だけで引っ張っていても
成功報酬がなければモチベーションはだだ下がり、

疲れて「今日はいいかな」と一度手を緩めた瞬間に
「今日もいいかな」が続き、サフィリエイト作業ストップ…

まさに悪のスパイラルです。
アフィリエイトを始めたのが確か2009年
ノウハウもコレクトしていない完全に我流でやっていましたので、
鳴かず飛ばずで1mmも稼げません。

過去の自分は無料レポート申請もビビるほど情弱

さらには、
アフィリエイトではメルマガ登録と同時に無料レポートを配る文化があります。

今では気になった人のサイトを見つけたら秒速でメアド登録し、
レポートをゲットしたり、その方のメルマガの内容を読むだけではなく、
「自分ならどう書くか」「これはこういう技だな」など
色々勉強しています。

での、無料レポートを1つもダウンロードしたことない頃は
「なんか胡散臭いな」と思ってました。

「無料レポートでも申請してみようかな」と思って動いたのは
なんと!1〜2年後というスローさです…

脱サラしたからにはやるしかない!

話を今に戻すと、

脱サラしたからには
もう後に引けません。【やるしかない!】

やるしかないの環境を作れたことが一番良かったと考えます。

悪かった点は
当たり前ですが脱サラごは収入が途絶えることですね。
まだ1ヶ月目であれば前職の会社の給与が振り込まれるので、
リアルな実感は沸かないかもですが、

これが安定収入を得る「最後」となります。

脱サラして良い点悪い点を天秤にかければ、
長年脱サラしたく希望に溢れていますので

成功報酬はなくとも「良い方」が圧倒的に強いです。
希望や夢だけで突き進めるフレッシュさがあります。

やる気に燃え、がむしゃらでも、
正直なところ、そこまで作業がはかどりません。

ペースや、何をしていいかがまだ掴めないのですね。
計画を立てるも「計画倒れ」が多いです。

毎日決まった時間に満員電車に揺られといった規則正しい生活から解放され
「自由」になるので開放感もありますが、
燃え尽きた感もありましたw

気づいたら
ポケー( ゚д゚)としてしまいます。

脱サラは生活習慣が激変します。
長年染み付いた会社員という生活習慣が抜けきるのには
ひと月を要してしまいました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする