脱サラ2ヶ月目:PPCに取り組むも1年前と勝手が違うことに気づき閑古鳥

PR

脱サラ2ヶ月目のメインは「PPC」でした。

1ヶ月目はなかなか会社員時代のリズムと脱サラ後のリズムに戸惑いましたが
ブログ記事を更新したり、過去記事をメンテしてPVをあげていました。

実際に「やれば上がる」と実感した一月でしたが肝心の成功報酬は鳴かず飛ばず。

でも焦っていないのは過去にPPCで粗利9割という
小さいながらの成功経験があったからです。
いざとなったら「PPC」で稼げばいいという、妙な自信があったからです。

結果、稼げませんでした。
負けは負け、赤字でした。

それどころか戸惑いを感じました。

PPCアフィリエイトがどんなものかをざっくり言えば
サイトを作り、そのサイトをお金を出して広告に出します。
それ以上にアフィリリンクを踏まれ、
成功報酬が上がれば「黒字」なので成り立つ手法です。

ちなみに広告費はクリックされた時点で発生します。
売れなければ広告費のみがかさんでしまうというデメリットがあるのが
PPCアフィリエイトです。

で、私が「むむ!1年前と様子が違うな」と感じたことは
広告費の単価が上がっているということです。

感覚としては、1年前に1クリック「10円」だったものが
現在では「30円」とそんな感じです。
※クリック単価は自分で設定できて、扱うもので異なります。

単価が上がってるわけですね。

あと、確か2016年の7月くらいでしたっけ?
右枠のYahooの広告欄って無くなりましたよね。
こんな風にPPCの手法もここ数年間で盛り上がりブームになった後は
Yahooの規約変更とかで多くのPPCアフィリエイターが退散しましたので、
ブームは去ったと言ったら去った感があります。

逆にしっかりしたアフィリエイターのみに精査されチャンスとも考えられます。

「ユーザーに価値を提供する」のが原則ですからね。

広告費かけてまんまとひっかりやがったな、
「アフィリリンク踏んで買いやがれー」のオレオレアフィリエイトではダメなのは明らかですよねw

現在ブログ村のカテゴリーで「PPCアフィリエイト」で
ブログを出している人って50〜55人くらいですよね。
完全に廃っています。

ただ、PPCも捨てたものではなく、
「データ採り」に使えます。
どのキーワードがクリックされたかとか動きがいいなど、
リアルな生きたデータが取れますので元SEの意地にかけ、
データベースに全データ登録し、データ解析して使っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする