Facebookマーケティング。いいねの数を増やすだけの間違い。売上げ伸びないと意味がない

PR

Facebookを利用した成功事例について語ったことが有りますが、
ただ、これには勘違いしてはいけない
危険性も含まれているので、
今回取り上げました。

Facebook集客の注意点。いいねの数を増やすだけは間違いです!

「Facebookでいいねの数を増やすだけは間違いで、
売上げが伸びていないと意味がない。」です。

朝夕毎日、私は4〜5kmウォーキングをしながら
iPhoneでDRMの本を2時間近く「聴いて」います。

そのウォーキング中に思わず
「そうだそうだ!」となったのが

「Facebookでいいねの数を増やすだけは間違いで、
売り上げ伸びないないと意味がない。」ということです。

大事なことなので2回言いました。

それが詳しく書かれているのが
売り上げが伸びないときに読む本】です。

自己啓発・自己投資の重要性。書籍はコスパが良い

実はDRMを勉強するために
私はダイレクト出版さんの本を毎月届くように契約しています。
自己投資ってやつですね。

自己啓発・自己投資の重要性を感じていますが。
著者が何年、何十年ときに人生をかけて学んだものを
数千円〜数万円で追体験できるので
書籍はコスパが良いです。

Webマーケティング学習にはダイレクト出版の書籍が良い

Direct出版「月間ビジネス選書」定期購読

「月間ビジネス選書」というのですが毎月どんな本が来るかもわからずに
いきなり「はい、今月はこれです!発送しました、トラッキング番号はこれです」と
送られてきます(笑)

この、

”今月は何が来るかわからない”が

初めは抵抗がありましたが、
今となっては「今月はどんなのかなーと」
楽しみになっています。

専門書なので、
中身ペラッペラの2、3時間で一気に読めちゃうような
紀伊国屋とかで大量に売ってるような、
1500円くらいの新刊本とは比べものになりません。

ガチのアメリカのビジネス書です。

おそらくですが、海外のDRMで著名な著者の
英語の翻訳権をダイレクト出版が書い、
訳したものを販売していると考えます。

すごいビジネスモデルですよね。

ですので、Amazon.comで著者名で調べると
日本の新刊本くらいの値段で売られていたりします。

最初はケチって原書の英語で、
ダンケネディの屁理屈(NOBS)シリーズを読んでいましたが、
ペラペラとまではいかなくとも、
ヘラヘラで英語で仕事ができる、流石の私も
正直時間がかかるので価格は2倍ですが、
ダイレクト出版の翻訳本を利用するようになりました。

前置きが長くなってしまいましたが

SNS集客と売上の本質を語った書籍【売り上げが伸びないときに読む本】

その中でも今のところ、
私の中のランキングでは

【売り上げが伸びないときに読む本】は1位の本です。

本の例だと確か
集客のためにYouTubeか何か動画サイトを使って
その動画が世間の評判を浴び、すごいPVになったそうです。

「へへーこれは成功だ!」

となりそうですが、結局話題になったのは動画だけであって
肝心の商品の売り上げは横ばいという結果になった。

そんなストーリーが1例として書かれていました。

これ、

危険ですよね。

なんのための動画ですか?ちゅーわけですよ。

これを学ばなかったらきっと
PVが上がったことだけに満足して

「あれ、なんでうち広告費かけて、
評判もいいのに売り上げ変わってないんだ?」って気づかないですよね。

ここ最近Facebook広告に力入れたから
めちゃ「いいね」されたけど、
売り上げ…(・へ・)イクナイ!

ってなりますよね

当たり前といえば当たり前なのですが、
経営者が陥りがちなことを書いた本で何度も読み直しています。

Facebook集客だけではないですが、
なんのために集客しているのか?を

( ゚д゚)ハッ!と気づかされます。

売り上げが伸びないときに読む本

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする