フランクリンの手帳でリズムをつける。食後の睡魔対策や一日の「仕事」に変化をつけメリハリ

PR

人間ってなんて燃費が悪いんだと感じます。。。

黙っていても腹は空くし酒も飲みたい
かといって、生産的か?というと

思わずうつむいてしまいます。

食後の睡魔対策や一日の「仕事」に変化をつけメリハリ

今回は仕事のリズムについです。

会社員時代お昼休みはどうしても眠い時がありました。
「え、いつもだったじゃんw」と同僚は言うかも知れませんが
そこは「シー」です。

頑張ろう頑張ろうとしても
ならぬものはなりません(使い方違う?)

ですので

居直りましたよ!

酔拳ならぬ睡拳状態でも大丈夫なタスクを行なっていました。
実はこのやり方は良いらしく、
実は私、ビジネス書・自己啓発書マニアのです。
名前や書籍名は完全に埋もれて思い出せないのですが、
こういった時間管理を説いている人は一人二人ではなかったです。

でもなんとなく、「そうかも」と思いません。
会社で働くでもいいですよ、
一日の中でリズムをつけて業務を遂行すると
リズムに乗った時って気持ちが良いものです。

仕事は気分も清々しい早朝がはかどる気がする

例えば朝一は清々しいです。
そういった時に記事を書くと
心なしか清々しいものができます。

そして迎えるお昼

毎日ではないですが、
時たま睡魔に襲われ、

酔拳ならぬ睡拳状態はきついです。
お昼の後が1時間くらい睡魔との格闘で
朝のように清々しく何かをするどころではないです。

昼食後の睡魔は炭水化物が原因?

この睡魔は諸説ありますが、炭水化物の摂取が原因などとか言われてますね。

でも、「食わな、戦えん」のでしょうがないです。

ですので、書類整理やら仕事というか作業(タスク)をするようにしたら
時間の使い方にメリハリが出ました。

そして夕方、
17時ごろ、若干疲れも出てきますが私はこの時間に何故かスイッチが入って
元気になります。
ですのでここに「ここぞ!」とばかりのものを入れ込むと
捗ります。

仕事の効率化は自分のリズムの把握から!

こんな感じで自分のリズムを把握して
自分のタイムスケジュールを作成しました。

これを発見したのは
手帳に自分の時間の使い方を記録し把握したことが大きいです。

フランクリンプランナー手帳
本も自炊派で何もかもデジタル化していたので、
紙の手帳なんてありえない’,、('∀) ‘`,、ってあざ笑っていましたが、

今は完全にアナログにもどっています。
本も自炊せず付箋だらけにするのに快感を覚えますし、
手帳も書き込んだり、なんとなくパラパラ見返したりして
「へーこの未達のTODOのアイディア、なかなかいいじゃん」など
掘り起こしにも役立っています。

P.S.
「掘り起こし」に関して言えば
こんな風に1年分をバインダーに綺麗に保管できます。

フランクリンプランナー手帳バインダー

「あー俺こん時こんなこと考えていたんだー」などw
「情報の集約化」が可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする