ホリエモン提唱「ビジネス4原則」=「儲かるビジネス」

PR

ホリエモンが提唱する「ビジネス4原則」を知っていますか?

ホリエモンこと堀江貴文氏が提唱する、「儲かるビジネス」の4原則

このビジネスモデルは、
ホリエモンこと堀江貴文氏が提唱する、「儲かるビジネス」の4原則です。

1.小資本で始められる。
2.在庫がない(あるいは少ない)
3.利益率が高い
4.毎月の定期収入が確保できる

を全て満たしたビジネスを指します。

ホリエモンのビジネス4原則とネットビジネスの親和性

これはネットビジネス、特に「アフィリエイト」が当てはまると感じませんか?

小資本で始められる、
ネットとパソコンがあれば無料ブログでその日にでも始められますよね。
雑貨屋やカフェ、コンビニなどリアル店舗になれば始めるだけでも数百万はかかります。

ネットでモノやサービスの紹介なので在庫を抱えることはないです。

利益率も高いです。
SEOでうまく集客すればそれこそ売り上げのほぼ全額です。
うまくPPC広告で集客しても、粗利2割3割の「普通」のビジネスと比べれば比になりません。

スポンサーリンク

アフィリエイトは完全報酬型。会社員の様に固定給ではない

毎月定期的な収入が確保できる。
アフィリエイトは当たり前ですが、会社員のように固定給ではありません。
完全報酬型なので、売れる時は売れる、ダメな時はさっぱりです。
一定以上の集客そしてクロージングのスキルを持ってして成約ができれば
多くのASPは月一回の支払いを提供していますので、
定期収入を確保できます。

アフィリエイトだけがホリエモンの「ビジネス4原則」のビジネスではない

何もアフィリエイトだけが
ホリエモンの「ビジネス4原則」のビジネスではないですが、

多くのアフィリエイターがメルマガで
ホリエモンが提唱する「ビジネス4原則」を取り上げています。

これに当てはまるビジネスは何か?と考えることが大切です。

私が毎月定期購読し、DRMを学んでいる
ダイレクト出版の社長である小川忠洋氏も自身の著書で
ビジネスの始め方で、ホリエモン4原則とは違う原則ですが、
「ビジネスを立ち上げる時は順番が大切で、いかに原則に当てはまるビジネスかを考え、
自分のやりたいことは最後です」と言った趣旨を述べています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする