【図解】アフィリエイトがほったらかしでも稼げる理由

PR

アフィリエイト…

「ほったらかしでも稼げる!」

「片手間でサラリーマンの副業でウハウハ!」

「パジャマでもうん万円!」

「秒速で稼げる」

もうやめときましょうか…
自分で書いていてお腹いっぱい、クラクラしてきました…orz

今回は
アフィリエイトがほったらかしでも稼げる理由を図解します。

アフィリエイトがほったらかしでも稼げる理由。B’z商法

早速ですが、これをみてください。

なんかニコちゃんマークをしくじってますが
伝わります?

人それぞれ色々な意見があるでしょうが、
これに落ち着くのではないでしょうかというわけですよ。

でもビジネスをやる上で何も特別なものではないと考えるわけですよ

わたくしは。これを

「B’z商法」と呼んでいます。

※その心は?は記事の最後で述べます。

B’zは日本を代表するロックユニットですよね。
ここで私がいかにB’zが好きかをお伝えすると、B’z講座で4講座くらい一気に書けます

それじゃ紙面が足りませんので

一発でお伝えします。

松本さんのギターのシグネチャーモデルを持っているくらいです。

では「なぜ放ったらかしでOKか?」の図の解説をします。

これには段階があります。

アフィリエイトがほったらかし1st Stage

100記事書きましょう!とか言われる所以はこれです。
とにもかくにも、書かないとまず人目につきません。

世の中に存在しないのと同じです。

じゃなぜ100記事か?

というとGoogleさんにインデックスされるためにです。

正確な数はGoogleさんのみぞ知るですが、

最低100記事くらいあれば間違いないよね。と一般的には言われています。

昔はYahooさんだったのでしょうが、今や検索サイトといえばGoogleです。
2017年現在はGoogleさんにインデックスされないと
いくら頑張っても誰にも気づかれることはありません。

ぶっちゃけ、「存在しないのと同意語」です。

俺は誰にも頼らないぜ!ロッケンロール!

いくら大海原の無人島で愛や平和を声高に叫んでも
誰にも伝わらないのは明らかです。

主張があったり、人に何かを伝えぬためには、当たり前ですが、
まず人間に(でもGoogleはロボットですねw)

「気づかれること」が大事です。

スポンサーリンク

アフィリエイトがほったらかし2nd Stage

ここが重要です!

なんかサイクルに入っていますよね。
このサイクルに入れるか否かが

「放ったらかしにできるか」を左右します。

このサイクルに見込み客を巻き込めれば

必死こいて毎日声高に売り込んだり仕掛けたりする必要がなくなります。

それにはやはりそれなりのコンテンツ(=記事)が必要です。

アフィリエイトがほったらかし3rd Stage

最終的には「ファン」になってもらう

アフィリエイトだけでなく
特にメーカなど企業はこれを目指しています。

「愛車」「愛機」など

頭に愛がつくものというのは数少ないですよね。

これら「愛」がつくものはファンが多くないでしょうか?

ファンはその物事に対して「熱狂」しています。

お金を出すくらいお茶の子さいさいです。

アーティストであれば聴く前、観る前でも

新しいコンテンツが出ると知れば、予約をして購入します。

今一度図を眺めてほしいのですが、

この一連の流れが増幅してくると強力です。

たとえ1st Stageを「スパッ」と止めたとしても、

2nd Stageでサイクルが回っていればビジネスは回ります。

当然、ずーーと放置だとファンに飽きられますが。

今時、肩パット入ったスーツ着ますか?売りますか?

そういうことです。

PPS.
ファン会員数が60万とも言われるB’z
あれだけ売れているのにストイックに稲葉さんは体を鍛え、
松本さんは社長業もしながらギターの練習を欠かしません。

そしてコンスタンスに出し続けた楽曲は400曲近くあるでしょうか

(すみません正確な数はわかりません)

さらに松本さん、稲葉さんともにソロでもご活躍してますのでもっとあるでしょう。

このコンテンツが勝手に見込み客をサイクルに引きづり込んで
ファンにしていくのです。

たとえ「Ultra Soul」で初めてB’zを知ったとしても、
あれよあれよという間に、彼ら、彼女らはコンテンツの渦に巻き込まれ、
どんどんはまっていって気がついたらCDはiTunesのアルバムのコレクションに、
先ほどの上のリンクで紹介した、彼らのデビューアルバムも入っていることでしょう。

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ
みなさんの暖かい応援が励みになります!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする