Kindle電子書籍出版文字数は1万文字が相場らしい

PR

Kindleで電子書籍を出版してみようと執筆中なのですが、
ここで気になるのは、

文字数はどのくらい書けばいいのだろう?
です。

早速、調べてみました。

電子書籍出版は意外と簡単

日常的に書籍やレポートを読み漁っていますが
そうしているうちに自分でも本を出してみたいという気持ちになってきたので

思い立ったが吉日と、Kindleの本を現在執筆中です。
マインドマップで整理したりアウトラインを決めたりしながら
「ePub」ってなんなのよなど

今まで聞いたことがないけど、
おそらく電子書籍関連では当たり前の単語などを調べつつ

「そうか、そうか、わかるボクにもわかるよ!」と進めています。

まだ書きかけですが、ここまでの感想は

「電子書籍出版は意外と簡単っぽい」

ということです。

パソコンとワードでも作成は可能です。
私はMacですので初めはPagesで書いていたのですが、評判が良かったので
今は「Sigil」というソフトで書いています。

表紙などいろいろ見てくれのいい体裁を整えたくなりますが

まずは文字を書かないと始まらないので、必死こいて書いています。

個人で電子書籍出版は1万文字が相場らしい

調べてみるといい記事を見つけました。

電子書籍を出版するときの文字数は1万字がおすすめ

ということで、
文字数は1万字がいいらしいです。

長い物には巻かれろの精神で、

今回初になる私の電子書籍も1万文字をめどに収まるようにしようと考えています。

同じ記事でも媒体で違うので勉強になる

今回の電子書籍出版チャレンジですが、すでに学びがありました。

同じ文字を書くにしても、

「媒体によって、こんなにも違うものかー」と感じています。

このワードプレスサイトもそうなのですが
文字数は800〜2500文字くらいで収めています。

メルマガですとあまり長文も読むのが大変でしょうから
1000文字程度でまとまるようにしています。

電子書籍は1万文字目標ですので、普段の10倍の量になります。

電子書籍出版は1万文字がちょうどいい

今半分くらいの5000文字を書き上げています。

Photoshopで表紙も作成してみて
試しに体裁をざっくりですが整えレビューしてみたら納得です。

ただ、電子書籍出版は5000文字だとスカスカです。

おそらく無料レポートであれば十分な文量かもしれませんが、
天下のAmazonのKindleに並ぶことを考えると足りません。

最低でも今の2倍、1万文字が必要なわけを体感しました。

1万文字といっても決して文字数は多くはなく、伝えたいことを簡潔にまとめないと
すぐに超えそうな感じがします。

新たなチャレンジですのでどういう結果になるのか
今から楽しみです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする