神戸製鋼所の改ざん問題。H2Aロケット打ち上げの人工衛星みちびきでも使用で思うこと

PR

H2Aロケット打ち上げ成功を目の当たりにして、
別ブログで記事にもしたくらいです。

画像ありH2Aロケット36号機「みちびき4号機」打ち上げ成功

ロケット打ち上げに沸くニュース中、水をさされるものを発見しました

神戸製鋼所の改ざん日産車・新幹線や「みちびき」にも

神戸製鋼所が航空機や自動車などに使われるアルミなどの製品について、一部の検査データを改ざんしていた問題で、新たに日産自動車やホンダの車、JR東日本などの新幹線でも問題の製品が使われていることが分かった。

日本版GPS(全地球測位システム)の構築を目指す測位衛星「みちびき」4号機を載せたロケットにも使用されていたことが確認されるなど、影響が広がっている。

神鋼改ざん、日産車・新幹線や「みちびき」にも

とのことです。

神戸製鋼所の改ざんニュースにがっかり

なんか残念でがっかりですよね。

「技術の日本」と世界からも評価が高いのが、
データの改ざんとか「品質面」ではてなマークがつくようなことをされると
怒りさえも感じます。

データ改ざんは組織ぐるみとのこと

しかも報道によるとデータ改ざんは組織ぐるみとのことです。

神戸製鋼は2008年に子会社で鋼材の強度偽装が発覚し、16年にはグループ会社でもバネ用鋼材のデータ改ざんが明らかになった。今回は、取引先と決めた強度などの基準に合っていないのに、適合しているかのように検査証明書のデータを書き換えていたもので、梅原氏は「(現場の)管理職は関わっているか、知っていた」と、組織ぐるみだったことを認めた。

なんともお粗末な話でしょう!

「管理職は知っていた」神鋼改ざん、組織ぐるみ

神戸製鋼といえば大企業です。
その製品は日本を代表するトヨタ自動車を始め、JR東海の東海道新幹線、
三菱航空機のジェット旅客機「MRJ」など幅広く使われています。
新幹線など安倍総理自ら海外に出向きもセールスをしているくらいですし、
MRJといえば、戦後は翼を奪われた日本ですが、
戦前は航空産業技術で世界でもトップ水準でした。
その復活を夢見た技術者たちが作った国産旅客機YS-11に次ぐ機体の飛行機です。

それらが材料のデータ改ざんで品質疑問が生じてしまえば
えらい評価はマイナスです。

まとめ

なにが動機でデータ改ざんしたかはまだ報道されていません。

管理職は知っていたと組織ぐるみとのことなので関わる人数も少なくないので
結局のところ、うやむやになってしまうのだろうなと生暖かい目で私は見ています。

でも、まぁ動機は明らかで、
改ざんしてまで自社の製品の品質をよく見せようとしていたので
単純に見えを張りたかったのでしょう。

10年以上にも及ぶ組織ぐるみとのことなので、
言い出しっぺはきっとお偉方で、それに「No」と言える人いなかったのでしょう。
もしくは、「No」と言った人もいたのでしょうが、飛ばされて見たり、
辞めざるを得ない状況になってたりしたのではと勝手に想像を膨らまします。
村文化ですな。

別にこの記事で神戸製鋼所をどうこういうつもりは毛頭ないのですが
結局我々のネットビジネスも含めビジネス全般に言えるのでしょうが

目先の利益や評価を追い求めて、
安易な刹那の判断をすると結局はしっぺ返しを受けると
感じました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. NabeChangさん

    こんにちは^^
    エンタメです。

    改ざん問題は色んなところであると感じるので、
    今回の件もきっと氷山の一角なんだろうな~と感じたね。

    バレなきゃいいやみたいな感じでバレるまで、
    表に出てこないからほんとがっかりしてしまう。

    改ざんなんてしてバレたら一気に信頼を失うのに、
    どうしてそこまで見えを貼ったり偽って儲けたり
    信頼を得ようとするのか不思議だね。

    今後共宜しくお願いします。

    エンタメ

    • NabeChang より:

      エンタメさん
      こんにちは。コメントありがとうございます!

      一気に信頼失墜ですので、改ざんなんていいことゼロです。
      腹たって、記事でも少々感情的になってしまいましたw

      こちらこそ今後ともどうぞよろしくお願いします!
      NabeChang