検索上位を意識せよ!サイトも検索されなきゃ意味がない!ちっちゃな会社こそSEO!

PR

集客方法に一つとして「広告」を用いることがあります。

ただ、大企業であれば(流石にいくらでもではないでしょうが)
高額な広告費を投入できます。
中小企業や個人事業主はそうはいきません。
この場合大企業の圧勝です。

中小零細企業こそランチェスターSEO!インターネットを活用すべき

例えば自動車会社であればテレビCMもだせる、新聞も1面、2面広告で「どーん」
都心上空にチェッペリン号みたいな飛行船を飛ばしてみたり、
自動車ではみたことはないですが、アイドルのニューアルバムの宣伝のように
渋谷の街をトラックで駆け抜けることもできることでしょう。

そもそもそこまでのアピールが必要か?という議論もありますが
町工場でできますか?ちゅー話ですよ。

予算は限られているし、カツカツ経営であれば予算でない場合があります。

そうゆう中小零細企業こそランチェスターSEOです。
いわゆる「弱者」こそインターネットを活用すべきです。

インターネットの世界は大企業も中小企業も個人事業主も差がない?

インターネットの世界は
大企業も中小企業も個人事業主も差がない場面があります。
例えばiPhoneのアプリの世界
私も楽器アプリを出しているのですが、
このランキングに大企業も中小企業、個人の差はありません。

スポンサーリンク

ニッチの例:個人で出したアプリも企業が出したアプリも同じ土俵

うん十万だか知りませんが、
どれだけ外注費をかけて作ったかわからないような「カホン」のアプリも
私がとある夏休みに4、5日間こもって、
本当に文字通りの徹夜で一人作ったアプリに負けています。

さすがに仮眠はしましたが、何回か朝が開けたのをみたような気がします。
このアプリ開発にかかった、というか犠牲にしたのは、
私のとある年の青春の夏の思い出くらいです。

それがある会社の外注費以上の価値があるかどうかは定かではありませんが、
こうやって、個人ですら勝ててしまう場所があるのがあるのは事実です。

SEOあなたのサイトも検索されなきゃ意味がない!存在しない

話をSEOに戻すと、検索されないと意味がない
と言うことは再三再四述べています。
すると重要になってくるのが、いかに1ページ目の上位に持っていくかが鍵になって来ます。
「SEO対策」というやつですね。

ユーザーは気が短いので
検索結果の1ページの上半分くらいしかみません。
ここに入り込めたらまず第1段階はクリア

次にクリックされてお客さんから
「自分のためになる情報か?」を吟味されます。

ここでもユーザーは気が短いので
「ダメだ」と思われたら文字通り秒速で、戻るボタンがクリックされます。

【サイトはテーマを絞る!】よく語られますが、
その所以はこういうことなのです。

まとめると
・中小零細企業こそランチェスターSEOを利用する
・サイトは的を絞りお客さんに役立つ情報を提供する

です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする