DRM入門1:DRM(ダイレクトレスポンスマーケエィング)とは何か?発祥は?

PR

DRMとは?デジタル著作権の
Digital Rights Managementの方ではありませんよw
ですのでDRM解除の解説は行いません。

ここではDirect Response Marketiongの方を取り扱いますので
せっかくですので読んで言ってもらってもいいですが、
デジタル著作権関連でこの記事に迷い込んだ方は再検索をw

DRMはアメリカ発祥のマーケティング手法

DRMは、もともとアメリカ発祥のマーケティング手法です。

今ではすっかりネットビジネス=DRMみたいな印象を持つかもしれませんが、
ネットではない業界でも積極的にとり入れられています、

というか、
ネット業界がDRMを近年取り入れた、と言ったほうが正しいです。

DRMの実例「やずや」

まだインターネットのなかった時代、
書き言葉によって顧客に直接売り込める唯一の方法は何かというと、

そう
手紙、セールスレターです。

やずやとかの健康食品のサンプルを請求や、
アメリカンホームダイレクトなどの保険の見積もりをすると

無料サンプルや、無料見積もりとともに、
手紙が来ますよね。

まさにこれがDRMです。
まだキョトンとしているかもしれませんが、
解説していきますのでご安心を!

「良いもの」だから売れるわけではない。売る努力をしなければ!

あなたが健康食品サプリメント会社の経営者だったとしましょう。
原価よりも高い値段でサプリが売れれば会社は儲かります。
単純なことです。
でもいくら良い商品だからって物は売れません。
そんなに世の中甘くないです。

かつて私の素敵なハードロックの楽曲が
iTunesで全世界配信されていたのに
全世界中にシカトされたのと同じです。
全米ではなく、私が泣きました。

私の音楽活動のことはここまでにしておいて、

作り手が「いいもの」を作って、それを商売とするのであれば
それを世の中にしっかりと伝え、
売らないとないといけません。

セールスレターはまさに24時間働いてくれる営業マンや〜!

会社であればそれは「営業」の役割です。

でも営業マンは生身の人間です。
訪問したり電話をしたりして顧客獲得をしますが
どうしても物理的な限界がありますよね。

24時間寝ずに働いてもらうわけにはいきません。

勤務時間は8時間が基本でしょう。

1日にかけられる電話も、
訪問できる件数も限りがあります。

でも、セールスレターであればどうでしょうか?

1つの文章で何十人、何百人、いや、何十万人にもアプローチできますよね。
しかも何度でも使えます。

少ない労力で莫大な成果を上げられることを
レバレッジが効くと言います。

このレバレッジの効いたDRMという手法は、
またたく間に全米に広がり定着しました。

これがDRMの始まりです。

お客さんのアドレスを知っていたら
少ない労力で、セールスレターを用いて
何十万人もの人々に、何度でもアプローチでき、
しかも何度も商品を買ってもらえるわけです。

ではどうやってお客さんのアドレスを得るかは
次回の講義でお話しします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする