アフィリエイト入門講義10:アフィリエイトで稼げないとき

PR

アフィリエイトの記事を書いても書いても

「あたしゃいつになれば稼げるの?」
「何が気軽に副業!お小遣い稼ぎよ!やっぱアフィリエイトは稼げないじゃん!」

怒ったり
悲しくなったり
めげそうになったりします。

わかります
その気持ち…

だって
アフィリエイターの登竜門です。
手応えがないと不安で仕方ないのも痛いほどよく分かります。

アフィリエイトで稼げない理由

アフィリエイトで稼げないのは理由があります。

その理由を「なぜだろう?」と自分で考え
仮説を立て「行動する」していれば
ズバリ稼げるようになれないわけがありません。

「やっぱり教材買っても稼げない!詐欺だー!」と他人依存

「手順通りやっているのになぜだろう?
そろそろアクセス上がってくるはずなのに?」など
自分で考え行動する

両者の違いは雲泥の差ですよね。

アンリミテッドアフィリエイトでも語られているように
守破離を守って、言われた通りにやってみることは大切ですが、

考えることをやめてはいけないです。
マニュアルを読むときも

なぜこの手順なのだろう?
なぜこの手法なのだろう?

など自分の頭を使って考えを巡らすことは必要です。

なぜならアフィリエイトは誰のビジネスでもありません、
あなたのビジネスだからです。
あなたは経営者なわけです。

アフィリエイトで稼げない:自己評価していない?

とはいっても、
「こんだけ作業したのにーこんなに頑張ってるのにー」と
言いたい気持ちもわかります。

でもこれらは自分で自分を

「頑張ってる」と評価してしまっているので

危険思想ですw

評価はあくまでも他人がするものであって

アフィリエイターは他人の評価
「この人がこんなに丁寧に説明しているから良さそう安心!ポチ」みたいに
評価が成功報酬につながります。

初心者は100記事投稿しましょう!とよく言われ、
このページでも後の方でそう言いますがw

ぶっちゃけ1ページでも読者に刺さるものを書いて
成約すれば、それが「正」なわけですよ。

スポンサーリンク

アフィリエイトで稼げない:作業量が足りてない

よく言われることですが、
単純に 作業量が足りないということが原因
という場合もあります。

ですので今一度自分を振り返る必要があります。

作業量が足りないでは具体的に足りないってどういうこと?

具体的に数で言えばブログ100記事超えてますか?
って話ですよ。

20〜30記事くらいでPVに一喜一憂してはいけません。

では100記事超えたら何かものすごいことがあるかといったら

いいえ。ありません。

でも、なんとなくアクセスが安定してきてるかも?
と感じることでしょう。

100記事書けば間違いなく
アフィリ収入は発生ししていることでしょう。
1円でもいいじゃないですか(もちろん実際にはもっとでしょうがw)
100記事書けば自ら稼げることを体感できているはずです。

なぜなら数をこなすことによって色々理解してくるからです。
卓球部がラケット持って素振りしたり、
壁打ちをひたすらするようなものです。

数をこなしていくと、コツとかツボやら
自分の体感としてわかってくるのです。

テーマを決めて、キーワード選定をし
まずは100記事!

これをこなしていきましょう。

アフィリエイトで稼げない:文字数が足りない

投稿数は良くても、肝心の中身がないといけません。
文字数が足りないのはダメです。最低でも600字〜800文字は超えていきたいところです。

はじめは文字を書けなくても、
慣れてくると、それこそ100記事投稿をクリアすることには、
いかに文字数を減らそうかと思うくらいスラスラ1500文字くらいは

書けるようになっています。

実は文字数に関してはSEO的に「こうだ!」というのはないそうです。
Googleのみぞ知るなのですが、
SEO的に何文字以上がいいかは定かではないのです。
ちなみに知ったときに衝撃的だったのが、現在では
キーワードやディスクリプションもGoogleのランキング評価外だそうです。

ではなんで「最低でも600字〜800文字は超えていきたいです。」
といっちゃっているのかというと

Googleにインデックスされるときに効いてきます。
キーワードもディスクリプションも
Googleのコンピュータ目線ではランキング評価外でも
人間のオーガニック検索では効いてきます。


検索した単語が太字になっていますよね。

これ、Googleの内部処理を推測するに
コンピューターの性能が向上したからできる技だと思います。

ユーザーがキーワード入力をして検索する
→Googleさんが瞬時にインデックスされたページを拾ってくる
しかもキーワードを太字にする、
ページの中でも太字キーワードが密集しているとことを
「はい!ここディスクリプション!」とGoogleさんがユーザーに表示する。

これを瞬時にやっているのですよね。

昔のSEOを詳しくは知りませんが、昔は今みたいに
ページの中でも太字キーワードが密集しているとことを
「はい!ここディスクリプション!」と

秒速以下でできなかったのでおそらく著者がSEO対策で設定した
ディスクリプションを参照していたのでしょう。

その方がコンピュータの処理楽ですからね。

Googleさんも日々進歩しているわけですね。

だからこそ文字数がある程度あった方が良いわけです。

検索されたときに
太字キーワードになる確率が上がりますからね。

当たり前じゃん!ができないのが世の常です。

作業量をこなす。文字数も不足なく書く
自分の秘書兼運転手に暴言を吐かない、叩かない
(おっと、これはどこかの議員のことですね)

そんなの当たり前じゃん!
ですが、「当たり前じゃん!」ができないのが世の常です。

当たり前の確認漏れの話をします。

システムエンジニアだった頃
「ネットワークがつながりません!」というトラブルが起きたら

真っ先にケーブルが抜けていないかを確認したものです。

ソフトウェアのトラブルとかネットワーク設定だとか
難しい設定を確認する前に、ケーブルが刺さっているか?を見ました。

結果
「やっぱケーブルが抜けてる」というオチで問題解決したことは
一度や二度ではありませんでした。

ネットワークケーブルが刺さっていなければ
ネットにはつながりません。

当たり前ですよね。
笑っちゃいますよw

でもこれを外部の業者にサポート依頼をすれば
これだけで出張料とサポート料(技術料)が請求されますので
笑い事ではありません。

「当たり前のことが当たり前にできないのはポイズン」です。


にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
みなさんの暖かい応援が励みになります!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 今晩は。ランキングから来ました。

    アフィリエイトで100記事は書きましょう。基本の様ですね。
    キーワード選定が難しいですが。。。

    文字数も関係があるのですね。

    勉強になります。
    ありがとうございました。
    また、訪問させて頂きます。

    • NabeChang より:

      さわだひろこさん
      こんばんは。コメントありがとうございます!

      そうですね。100記事書きましょうは基本で、
      素振りみたいなものです。

      でも、最低でもそれだけの量をこなすと
      見えてくる世界があります。

      サイトも強くなって
      数分でインデックスされるようになります。
      そうすると「キーワード」「狙った客層」「タイミング」が合えば
      びっくりするくらい読まれる記事になり、
      稼げる記事になってくれます。

      「こ、このキーワードだ!」と鼻息荒く
      自信満々で投稿した割にはアクサスが閑古鳥など、
      外すことも多いですけどねw

      読んでいただきまして嬉しいです。励みになります。
      また、いらしてくださいね!