アフィリエイト入門2の補足:参入ジャンル選定・属性も大事よ!勝負は戦う前からついている

PR

講義2は目を通されましたか?

まだであれば、目を通してから戻ってきてくださいね。
「参入ジャンル選定。稼げる稼げないはスタートラインで決まる」

さて、孫子の兵法でも勝負は戦う前でついていると言われます。

アフィリエイターで言えば

参入ジャンルの選定にあたります。

これは注意深く選ばないと時間やお金を投資してサイトを作っても

険しい道を進むことになります。

アフィリエイト参入ジャンルって大切よ!ってお話

いくら自分が興味があっても、

その市場が小さすぎたら稼げません

講義2でも挙げた「脱毛」のように、

制約単価も高く、
稼げるジャンルであっても、

自分が全く興味がないジャンルで記事を書くということは

辛いものです。

とはいえ必要あらば本を読んでみるなり、

実際に試してみるなりして、

「稼げるジャンル」の研究や学習は必要にはなっていきます。

そうすることによって、自分が思っていた

「なんか苦手だなー」

「気乗りしないなー」

などは、

実は食わず嫌いなだけで、

そのジャンルについて学び、いろいろと知っていくうちに

なにこれw

面白いじゃん(゚∀゚)!!!

という発見もあることでしょう。

興味がないのはそのことについて知らないから

私は大学は経済学を専攻していたのですが、
3、4年生の時の厳しいと評判のゼミ教授が

チミ(君)らが経済に興味がないのは経済を知らないからだ!
これでもか!ってほど経済について勉強をしてみ?
知れば知るほど面白くなるから

と、なかなかジワリジワリと響く言葉をいただいたのを思い出します。

記事書いている今、
教授の言葉を思い出しながらじわりじわりキテいます。

講義の2回目で語った3つの円をひとまず書いてしまいましょう。

・あなたの興味があるジャンルはなんですか?

・あなたが書き続けられそうなジャンルはなんですか?

・稼げるジャンルはなんですか?

ん?

稼げるジャンル?( ゚д゚)ポカーン

その通りです

正直、何が稼げるジャンルなのかってわかんないんですよね。

Googleなどで「アフィリエイト 稼げるジャンル」などと検索すれば
いわゆる稼げると言われているジャンルは

いーーーっぱい 出てきますよ!

クレジットカード、FX、今なら仮想通貨もですかね。
サプリに脱毛、逆に育毛、ダイエット系もいいですね…
そうそう英会話もありましたね

などなど出てきますが…

稼げるジャンル、実際は試してみないと分からない

でも、実際のところは

冷たいようですが、何が稼げるかなんて

正直やってみないとワカラナイです。

稼げる!と言われてても
全然鳴かず飛ばずだったり、

逆に、

「誰が4、5万のスニーカー買うんだよ。たっけー」

と思いながらも、実際にサイトを出してみたら

何足も売れてしまいw

しかも売上の10%など高い報酬率で成約してしまったりするので
世の中わからんもんです。

これは実際に経験したのですが、

4、5万のスニーカーがポンポン売れるのはびっくりしましたね。
10%だと1足売れれば4、5千円ですよ。

夢があります。

「高いスニーカーは売れないだろう」など、

自分基準で判断してはいけないものですね。

まゆみさん
アフィリエイトで稼げるジャンルは?
瑛博
正直ワカリマセン

では悶々としてしまいますのでフォローしますと、

一般的に「悩み系」のジャンルは強いと言われています。

参入ジャンルで属性のあった見込み客を引きつける

メインの参入ジャンルが決まれば

枝葉のようにメインを立てる、サブのサイトをいくらでも作ることができます。

こんな図です。

真ん中に「ドーン」とメインがありますよね
枝葉になってる「サブ」は図の通りでいくつでも増やすことができます。

強力なシステムを作ることができます。

アンリミテッドアフィリエイトのマニュアルにもあるのですが、
枝葉でメインを支え、パワーを送る

そんなイメージです。

根底の参入ジャンルがあやふやだと、

システムのコンセプトもあやふやになっていきます。

根底の参入ジャンルを決め、

想定される訪問者の「属性」を設定することで

読まれるサイトになります。

ジャンルが不明瞭なサイトは

伝えたいことも不明瞭になります。

たとえばこのサイトであれば

アフィリエイトに興味がある属性の方々が

訪問してくださっています。

各記事もそのような方々が興味を持ってくださるような記事にしています。

ですのでいきなり、ここでは

葉酸サプリランキング!

など、

属性に関係ない記事は

書いていないわけですw

書きたい場合は別サイトで行なっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする