Mac音声読み上げ。無料レポートを効率的に「読む」ライフハック方法

PR

DRMを学習するにあたって無料有料問わず、
PDFのレポートを読む機会が多いです。

新しい情報を入れ知識をバージョンアップしていくことは重要です。

ただ、人間時間だけは平等で、
24時間しかないです。

この中で、

会社にもいかないといけないし、
本を読んでDRMの学習もしないといけない
お腹も空くし、喉も渇く

と、

忙しいです。

無料レポートを効率的に「読む」ライフハック方法

そんな時のライフハックをご紹介すると

「耳で読む」です。

なんのこっちゃいなと思うかもしれませんが、
PCで手を動かしながらも、

耳って空いてませんか?

通勤で満員電車に揺られていても

耳って空いてませんか?

新聞も耳で「読む」時代

今や、日経新聞さえも耳で聞けます。
【聴く日経】

知ってました?結構いいですよこれ

会社員の時は、

日経新聞も広げられないような
ぎゅうぎゅうの満員電車で、

「むにゅー」となりながらも、

耳ではちゃんと日経新聞の主要ニュースをおさえていました。

今でも早朝、Macで記事を書きながら耳では
しっかりニュースをおさえています。

無料レポートをMacの音声読み上げで読むと言うか聴く方法

こんな風に「耳で文章が読めないものかしら?」(なぜか言葉が女性w)

というわけで考えたのが、

【PDF読み上げ機能を利用する】といったライフハックです。

オーディオブックを自分で作ってしまえ!というわけです。

おそらくWindowsもあるでしょうが、
私はMac使いなので、Macの解説をします。

左上の「リンゴマーク」→「システム環境設定」をクリックします。

Mac音声読み上げ設定方法 Mac音声読み上げ設定方法

「アクセシビリティ」をクリックして「スピーチ」を選択します。

Mac音声読み上げ設定方法

そうすると「kyoko」さんがいませんか?

再生ボタンを押すとkyokoさんの声が聞けます。
もっさり読まれるのがイヤであれば、速度も上げられます。

「あたしゃ女性の声じゃ、いやーよ」という方は

インストールすれば「otoya」さんという男性もいます。

Mac音声読み上げ設定方法

画面の下のようにチェックを入れると、
「Option+Esc」で読み上げをしてくれます。

Macの音声読み上げkyokoさんもotoyaさんもアクセントが帰国子女w

ただ、kyokoさんもotoyaさんもアクセントが帰国子女らしく。
マネージャーが「マネジャー」だったり
okamotoが「オゥ カ モゥ トゥ」だったりするところはご愛嬌ですw

「莫大な額の…」を「莫大なひたいの…」など
漢字の読みまつがいも結構あります。

そのままPDFを読んでもらってもいいですし、
音声キャプチャして自前でオーディオブックを作るのもありです。

私は自前のオーディオブックを作成し
朝夕1時間づつのジョギングの時に聴いています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする