メラビアンの法則の真の意味。実は見た目が9割ではない。

PR

突然ですが
メラビアンの法則(the rule of Mehrabian)を
ご存知でしょうか?

聴衆に与える3つの要素

話す人が聴衆に与えるインパクトには、3つの要素があり、
それぞれの影響力を具体的な数値で表した法則。

アメリカの心理学者アルバート・メラビアンが
1971年に提唱した。「3Vの法則」
「7-38-55ルール」ともいわれるもの。

55%=Visual (視覚情報:見た目・表情・しぐさ・視線)
38%=Vocal (聴覚情報:声の質・速さ・大きさ・口調)
7%=Verbal (言語情報:言葉そのものの意味)

だから、よく
「言語的なものは7%しかなく、
話す内容より声のトーンや見た目が9割で重要なのですよー」と、
言われているものです。

.
.
.

この理解…

誤解だそうですw

まぁそうですよね。

異国の映画、理解できますか?

マレーシアに行った時
マラッカのホテルでどこかの国の映画がTVで流れていたのですが
字幕がマレー語、英語、中国語の
3ヶ国語表記(これはこれで新鮮ですが…)でした

見た目やトーンで9割なら、
映画の内容内容理解できるよね?
って言われたっても無理です。

雰囲気は伝わりますが
「あっ、この人今怒っている」
「なんかみんな嬉しそう」など

「見た目が一番重要」あるいは
「話の内容よりも喋り方のテクニックが重要」という結論が導き出されると言う解釈は、
就職活動の面接対策セミナー、営業セミナー、自己啓発書、話し方教室などでよく用いられます。

参照:メラビアンの法則 – Wikipedia

本を否定しているわけではないですが
私もかつて「見た目は9割」とかいう本を読んだことがあり

ふむふむなるほどと思ったのですが、
ちょっと”9割”という言葉が
一人歩きした感があるというのが現在の理解のようです

ではズバリどうゆう法則なのか?

メラビアンさんが実験で確かめたかったのは、
「視覚」「聴覚」「言語」で矛盾した情報が与えられたときに、
人はどれを優先して受け止め、話者の感情や態度を判断するのか?
です。

例えば、怒った顔の写真を見せられ、
怒った声で好意的な意味の言葉を聞かされた時、
被験者が話者の感情を「好意」と判断したら、
表情や声色よりも言葉のインパクトが強いと
解釈されるというわけです。

セミナーとかで
この法則がでたら要注意です。

P.S.
かつて就活の時私もNHKの試験で
この法則を交え論文書きました、1次はパスし、
大阪で散りましたけどw

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
みなさんの暖かい応援が励みになります!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする