マイケルジャクソンの曲を勝手にランキング。熱狂的なファンが選ぶ3曲

PR

マイケルジャクソンが好きすぎて

当時カメラマンになりたくて、就職活動の時、

某民間ではないテレビ局の2次面接大阪で
マイケルジャクソンについて熱く30分語ったら

「もう、マイケルはいいよ…」と笑顔で落とされてみたり、
「将来はピーターパンになりたい」とまで公言した私が送る
マイケル ジャクソンの曲で一番好きなものランキングをお届けします。

第3位:Tabloid Junkie

80年代一気にギネス級
人類史に名を刻むほどビックになったマイケルは
ビートルズの売り上げを超え名実ともにナンバー1になった頃から
メディアの取り上げられ方も「好意的」なものから「嫉妬」に変換します。

90年代はマイケルにとって暗黒時代の始まりです。

そんな時のマイケルの心の叫び

歌に詰め込んだのがこのTabloid Junkieと私は分析しています。

文字通りマイケルに関するニュースの「ノイズ」で始まります。
畳み掛けるような歌詞は英語のリスニングにもってこいです。

畳み掛ける歌詞でも韻を踏んでいます。

マイケルのすごいところは
ダンスもそうですが自分で歌詞も書くし、
作曲もこなすところです。

楽曲丸投げ外注なんかじゃありません。

シンガーソングライターです。

この姿勢がかっこいいです。

外注は所詮外注レベルです。

もちろん自分で書いていないものもありますが、マイケルから

自分で書いてるという要素を外したら、

正直私はここまで熱狂してないと思います。

YouTubeとかで作曲風景なども探せばありますが、
ドラムやベースパートもなど楽器も声で録音し
作曲して行っています。

インタビューで語ってましたが
「天から降りてきたものを自分を通して表現してるだけ」だそうです。

第2位:Dirty Diana

2位「シャモーン!」
Dirty Dianaです。

80年代はハードロックが流行っていた時代です。
その要素をマイケルがPopに取り入れバラードにしたと分析しています。

物語調の歌詞はサビに向けてどんどん盛り上がってくる

「静と動」

を感じます。

なんでもしてあげるわ♡私をスターにしてくれたらね♪

とマイケルの恋愛事情を心配してしまうくらい

ロマンチックな曲です。

ちなみに
マイケルがイギリスにツアーに行った時に、
ダイアナ妃に「Dirty Dianaは歌うんですか?」と尋ねられ
「いや、失礼ですので…」と答えたら逆に、
ダイアナ妃に「大好きだから歌ってください!」と言われたそうです。

ちなみにDirty Dianaはその日のセットリストからは外されていました。

第1位:Smooth Criminal

やっぱ1位はノリノリのこの曲です。

PVは映画「ムーンウォーカー」からですね、

白人の可愛い男の子は、ジョンレノンの息子、ショーンレノン君です。

このころのスピルバーグ監督やユリゲラーなど
マイケルの交友関係は半端ないです。

日本を代表する坂本龍一は
「YMOのBehind the maskをカバーしたんでアルバムに入れていいか?」と、

クインシージョーンズに聞かれ

「なら、まず聴かせてくれ」と言ったところ

「嫌だ( ゚д゚)」と言われたので断ったそうです。

そのアルバムが「スリラー」です。

教授は「OK出してたら人生変わってたかもw

と語っていたのを雑誌かなんかで行ってました。

いえいえ十分ではないでしょうか。グラミー賞とってますし。

話が逸れましたが、smooth criminalの間奏でマイケルが
ありえない角度で傾く場面を何度もビデオを見て練習しましたが
ダメでした。

ムーンウォークはマスターしましたが
これは無理でした。

実はこの傾く技は、マイケルジャクソンが特許をとっていますw
Method and means for creating anti-gravity illusion US 5255452 A

道具もなく生身でいくら自分が頑張って傾いても
そりゃできないわけですよ…

マイケルのアルバムならbadが最強だと思う

アルバム単位でいうとBADが最強だと考えます。

革パン革ジャンにパーマのゴージャスヘアー
80年代のファッションを表しています。

当時ヘビメタが流行していて、若いにーちゃん達は、
今でいうと

「俺将来マジDJになるだ!的な」みたいに、

こぞってギターリストになりたく
革パン、革ジャン、パーマでゴージャスヘアーでした。
いつの時代もちょっと不良(bad)な雰囲気に憧れるものなのですねw

そのファッションを
HR/HMからキング・オブ・ポップはPopに取り入れたと
私は分析しています。

強力なインパクトだったのでしょう。
後の世にウクレレでカバーされています。

真面目なマイケルがbad、不良を演じる18分のPVの制作費は
220万ドル超(約2億2000万円)です。

いやーいい時代ですよ
YouTubeで観られるのですから

私この18分のフルバージョンのbad見たくて
Amazon.com(つまり米国)からDVD注文しましたもんw
しかもリージョン違うから、MacBookのリージョン4回まで変えられますを、
変えて戻しの2回消費してまでも観ましたもん。

今聞いても捨て曲のない人類史に残るアルバムです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 青葉 より:

    やばいですw
    読んでいてめちゃ楽しかったです
    私音楽すきなので!
    マイケルやっぱり曲もかっこいいけど
    マイケルのダンスやばいですね・・
    仕事そっちのけで見ちゃいましたよ!!
    あとジョンレノン君の息子かわいいw
    楽しかったです^^
    またきます^^

    • NabeChang より:

      青葉さん
      こんにちは!
      いつもコメントありがとうございますm(_ _)m

      私もマイケルの動画をYouTubeで探していたら
      仕事そっちのけで、すっかり見入ってしまいました。

      マイケルの自伝によるとムーンウォークは
      確か台所で練習していたそうですよw

      またいらしてくださいね!