起業体験談:農家Kさん – 元営業。脱サラする前は自分には向いてない営業をやってました。

PR

脱サラ起業経験者にインタビューをしましたのでお届けいたします。
体験者のリアルな言葉を耳にし、
現在起業を考えている方の励みやご参考になれば幸いです。

脱サラする前は自分には向いてない営業をやってました。

私は今脱サラして農業をやっています。

農家田植えトラクター

脱サラする前は営業をやっていて、
取引先の会社を訪問したり、
個人宅に出向き商品の紹介やクレームも聞いていました。

しかしそれが私にはとても辛く逃げたい毎日でした。

私はそれほど人と話すのが得意ではなく
むしろ「技術職の方が向いている」と
自分では思いその会社では技術部門でした。

しかし、経営が悪化し商品が売れないということで
新しい顧客を見つけないと話にならないと専務が言って
営業の方に人を増やすことになり私が渋々移ることに…

ノウハウを学ぶ前に「実践でやってけば覚える」と無茶なことを言われた会社員時代

でも今まで営業なんてやったことがないし、
ノウハウを学ぶ前には「実践でやってけば覚える」と無茶なことを言われ、
まわってこいと言われ不安になりながら外に出させられました。

「それは大変でしたね…」

はい。しかし案の定不安は的中し、誰にも相手にされず、
帰ってくると専務に怒られる不条理。

個人宅に行っても
「商品の紹介ばかりするんじゃなくて、
普通世間話とか伺ってからするもんだよ。素人の俺でも知ってるよ」と馬鹿にされたり、

しつこいクレームを延々と聞いてスッキリされるまで何時間も立ちっぱなし、

それが1年続いた私はまだ慣れずにいてこのままじゃ心が持たないと思い、
職を探してる時に農家の友達に会い、
「農家は縛られないでいいぞ」と
言われたのがきっかけで脱サラすることにしました。

脱サラ農家はクレーム対応もなし。縛られないのが一番のメリットです

「脱サラのメリットは何ですか?」
農家はまず自由です。
働かないと食っていけませんが、上手いやり方次第では
毎日畑やビニールハウスを見に行かなくてもいいし、
体調が悪い時や旅行は自由に休めるし怒る上司もいない。
クレームを言う等の面倒臭い人もいないし、
人間関係も気にしなくていい。

そして何よりも縛られないのが一番のメリットです。

「逆にデメリットは?」

作物は生き物なので病気になって実らなかったり
冷害や雨不足などの天候にも左右されるので不作はあるし、
収入が特に上下する職業です。
ビニールハウスのものは安定している物もありますが、
畑はそうはいかないので辛いです。
あと野外の作業なので、暑さにも寒さにも、
雨にも台風時には暗い夜でも働くことがあるので、
覚悟いるのはデメリットです。
あと初期費用の作業者のお金もかかるのがいたいところです。
市町村で格安で貸してくれるところもありますが、
ほぼ自分負担で買わないといけないので借金スタートです。

脱サラを考えるるくらいなら今すぐでしょ!農業体験もありますよ。

「最後にこれから起業を考えている方にメッセージをお願いします。」

緑黄色野菜

色々辛いこともありますが、
これから農家を目指す方がいましたらとてもオススメします。
今の会社や仕事が会わない人や、
人間関係がうまくいかない人、
自分の頑張り次第で今より収入が上がることを望んでいる人には、
今すぐでも脱サラしてほしいです。
でも一歩踏み出すのが怖い人は、
そのままその会社で働いて良い将来の自分が予想できますか?
出来ない人は農業体験も今では各地でやっているので、
体験してからでも遅くわないと思います。

「どうもありがとうございました!」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする