意見を言わない相手と付き合うのは疲れる。自分の考えという付加価値をつけてこそ物事は進化する

PR

この前セミナーに行ってなるほどなと思ったことがありました。

合わせるだけではだめ!自分の意見を言わない相手と付き合うのは疲れる

「自分の意見を言わない相手と付き合うのは疲れる」ということです。

どういうことかというと、
ちょっと自分の周囲を見渡すと1人くらいいませんかね?
特に女性に多そうな気がするのですがこんな感じです。

自分
今度、山に行こうよー

Aさん
いいねー私も行こうと思っていた

自分
今度海に行こうよー

Aさん
さすが!私も行こうと思っていたとこー

一見いい感じの会話ですが、全然(・へ・)イクナイ!です。
Aさんの意見って皆無ですよね?

イエスマンは一緒にいて気持ちがいい?いえいえ疲れます

「俺のいうこと黙って聞け」のリーダーというか亭主関白な性格であれば
AさんのようなYesマンは気持ちがいいのでしょうが、

普通の人にとってはこれは結構疲れます。
なぜだがわかりますか?



Aさんの意見という付加価値がないので、
情報のやり取りが一方通行だからです。

上記の吹き出しの例でいうと、
自分の発する情報だけで止まってしまってます。

自分
ねえダイアナ。アンパンマンって知っている?

ダイアナ
知っているわよ。なんで?

自分
アンパンマンって自分の顔を削ってまでお腹の空いた相手に差し出すほど献身的だけど、あれは問題だよ

ダイアナ
何が問題なの?

自分
だってパンが生身で外歩いているんだよ。衛生的ではないよ。袋にパックされるべきだと思うよ

ダイアナ
www そうね、賞味期限の印字も必要ねw

スポンサーリンク

相手の付加価値のついた会話は楽しい

実際にアメリカ人と会話した実話なのですが、
いかにもアメリカンジョークで締めくくっているのがいいですよね。

ダイアナさんの
「そうね、賞味期限の印字も必要ねw」で
会話に彩り(いろどり)が加えられていますよね。

よくコラボでなにかをするときに

「有名人A × 有名人B のなんたらかんたら」とかありますが
コラボする人らの名前の間は掛け算(×)で足し算(+)ではないですよね。

完全に一人で物事を進めることってない。あなたが0では世の中が困る

会社でも社会でも、ネットビジネスでもそうだと思いますが、
完全に一人で物事を進めることってないです。

絶対に、
誰かの力を借りたり、誰かの役に立ってビジネスしたり、
それがお金になったりしています。

人と人が何かを協業するときに自分の意見がない
つまりゼロだとまずいのです。

なぜなら、ゼロで掛け算をすると他の数字が100であろうが10000であっても
0になってしまうからです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする