WordPressプラグインでサイトマップ作成でSEO対策!検索エンジンインデックス化促進!

PR

サイトマップといっても人間用ではなく
検索エンジンのクローラー用のサイトマップ作成をし
SEO対策をする方法をお話します。

ブログのサイトマップ作成WordPressならプラグインがある

サイトマップを作成すると
Googleなど検索エンジンのクローラーが自分のサイトを訪問して
効率よく自分のサイトの記事や画像を検索してくれるとされています。

サイトマップがあれば文字通りサイトの地図ですので

「インデックスするこさいねーがー」

クローラーが自分おサイトを訪れて
インデックス対象となりうる
コンテンツ充実、価値あるサイトを探しやすくなるからです。

実生活でも地図がないと友人に飲みに誘われても
新しい聞いたこと無いお店だったら迷いますよねw

サイトマップはXMLなので手でも頑張ったら書けますが、
ワードプレスのプラグインがあります

はじめはGoogle XML Sitemapsを使用してました

ということで
はじめはGoogle XML Sitemapsを使用してました

WordPressプラグインでサイトマップ作成でSEO対策

WordPressの管理画面で
プラグイン→新規追加で「sitemap」と検索すると2位に表示されるほどの
人気プラグインのようです。

インストールして記事投稿すると自動的にsitemapを作成してくれるので
楽ちんです♪

Jetpack誰もがはじめに入れるプラグインでサイトマップ作成可能

サイトマップ作成用にとプラグインである
「Google XML Sitemaps」」を使っていたのですが、
あることに気づきました

おそらくワードプレスユーザーであれば
ワードプレスを立ち上げて真っ先にインストールするであろう「Jetpack」

Jetpackプラグインにすでにサイトマップ作成機能がついていましたw

冒頭に説明したGoogle XML Sitemapsもいいプラグインですが

WordPressは闇雲にプラグインをインストールするのは
好ましくないですし
できることなら断舎離してプラグインは少ないほうがいいので

Google XML Sitemapsは削除して
Jetpackのサイトマップ作成機能を使用することにしました

Jetpackサイトマップ作成設定手順

Jetpackサイトマップ作成設定手順は簡単です。

同じようなプラグインが同居すると不具合のものですので
Google XML Sitemapsは削除しました。

WordPressプラグインでサイトマップ作成でSEO対策

Jetpackの設定画面にとんで
WordPressプラグインでサイトマップ作成でSEO対策

Jetpackのサイトマップ作成スイッチをONにするだけです。
WordPressプラグインでサイトマップ作成でSEO対策

(自分のドメイン).sitemap.xml でアクセスすると
そうするとこのように緑の画面がでれば設定完了です。

WordPressプラグインでサイトマップ作成でSEO対策

もし下の図のように「サイトマップが見つかりません」とか
うろ覚えですが「サイトマップ作成中です」とか言うメッセージが何分も続くようであれば、

先程ONにした
Jetpackのサイトマップ作成スイッチを
一度OFFにしてからまたONにするとすぐさまサイトマップが作成されました。

今回は尺がないので割愛しましが、
このあとGoogleのサーチコンソールにサイトマップを登録すればバッチリです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする