ドローンで稼ぐ!ドローン操縦士で就職・転職職探し。

ドローンで稼ぐ!将来の夢はドローン操縦士。ユーチューバーの次にくる小中学生のなりたい職業になるかもしれません。空の産業革命と呼ばれるドローン産業は黎明期。冗談抜きで今までありえなかった職業が誕生している現代では将来就職・転職職探しの選択肢に十分ありえます。いやもはやもう始まっているかも。

ドローンで稼ぐ!ドローン操縦士で就職・転職職探し。

大学の食堂にて、就職まじかの学生の会話、
A:「卒業後どうしようかなー」
B:「ドローン業界とかいいんじゃね?」
A:「いいなー俺指先器用だし」
B:「俺はドローンの保険の営業かな。」

合コンにて、
「ご職業は何ですか?」と、お目目ぱっちりの女の子に聞かれたら
「ドローン操縦士です。」とドヤ顔で答える青年。

会社の廊下で駆け寄るOL、そして問いかける。
「○○先輩会社辞めるんですって?次は何をするんですか?」
「あーごめんね。連絡するの遅くなちゃった、
俺パイロットに転職するよ。ドローンのね(ドヤ顔)」


まだちょっと違和感ありますか?

でも私は違います。

冒頭の会話は、当たり前になるかもしれません。



しかも、私は【そう遠くない将来】の話だと感じます。

こういう言葉をご存知でしょうか?

【今の小学生の65%が今はない職業につく】

これは米国のデューク大学教授であるキャシー・デビッドソン氏が
ニューヨークタイムズのインタビューで語った予測です。

確かに10年前に

ユーチューバーという働き方を
想像できた人はいるでしょうか?

新たな技術が
新たな市場を生み、
そこに雇用が生まれます。

空の産業革命と言われている
「ドローン市場」

この日本でもいよいよ
ドローンを使って稼ごう。
ドローン操縦士として
就職・転職しようという流れが生まれています。

若い成長段階のこの市場で第一人者になりませんか?