ライターも必見。大道芸人が客のチップUPで売り上げ向上に成功した方法「ストーリーを語る」

PR

日常生活で

「あ、これはうまいな!参考にしなくちゃ!」

と思うことって、業界を超えてもあります。

「ドルフィンポート」の大道芸人。鹿児島の桜島フェリー乗り場の近く

鹿児島の桜島フェリー乗り場の近く、
「ドルフィンポート」というところに行きました。

ランチを食べたか、夕方だったかちょっと忘れましたが
店から出たら、何やら人だかりがありました。

大道芸人さんがいたのです。

そのまま「プイ」と素通りしそうな、

ありふれた光景ですが

大道芸人。なぜかお客が大盛り上がりその理由

なんかお客さんが盛り上がっていたのですよね。

気になって

人だかりを覗き込んで
しばらく見ていたらこの人

「結構喋るんですよw」

しかもお笑い芸人ばりに
面白い!

芸そっちのけで、話を聞いていると
すっかり彼の世界に引きづられました。

お客も巻き込め!ストーリーを語って感動共感!

「次の芸は非常に難しい芸ですよぉ〜」

なんて言われると

お客さんは

大道芸人の一挙手一投足に
|ω・) ジー

(゚A゚;)ゴクリ

ってなるじゃないですか。

そして

「は〜い!できましたー!」

とかちゃんと成功すれば
お客さんもなぜだか嬉しくなっていますよね。

そりゃ成功した時にはチップ弾みますってw

逆に、

失敗しても
お客さんも「あー」ってなりますよね。

もう会場が

「一体感」

ライターであれば、基礎としてコンテンツライティングを学ぶことは当然必要です。

人の感情を揺さぶり人に「行動」してもらう方法とは?

いかに人の感情を揺さぶっただけでも正直不十分です。

肝心なのは、
以下に人に「行動」してもらうか?

これが重要です。

商売人であれば「買ってもらう」
この行動をお客さんにしてもらうのがマストです。

では、いかに「行動をしてもらう」か
その方法の1つとして、

今回の鹿児島の大道芸人のように

「ストーリーを語る。」

ことが重要になってきます。

ライターだけでなく、

業界超えてもやっているんだなー

そんな気づきを
ドルフィンポートの大道芸人に教えられました。

コンテンツライティングの5つの法則

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする