副業主婦Pさん(元看護師)副業を考えたのは給料が減った事がきっかけです。

PR

インタビューをしましたのでお届けいたします。
副業主婦のリアルな言葉を耳にし、
現在副業を考えている方の励みやご参考になれば幸いです。

副業は自宅で出来る事を主に、実行しています。

「Pさんはじめまして、お忙しい中ありがとうございます。
早速ですが現在どのような副業をなさっているのですか?」

現在行っている副業は株、FX、
不動産の所有、クラウドでの文章作成です。
子どもが小さい事もあり、
自宅で出来る事を主に探し実行しています。

サラリーマン時代は看護師をしていました。

クリニック受付
結婚するまでは時間限りなく働いていました。
結婚し子どもが産まれると私の夜勤を無くし子どもを見なくてはならない状況になりました。

副業を考えたのは、給料が減った事がきっかけです。

副業を考えたのは、始めは給料が減った事がきっかけです。

銀行口座手帳と現金
夜勤もして看護師は稼ぐ事の出来る仕事です。
子どもが産まれてフル日勤になり責任だけ重く、
給料はそんなに頂けません。
日勤をしながら収入源を増やす事を考えました。

雇われて働いた事しかないので
一体自宅で何が出来るのか本を読んだりネットを検索しました。
何回考えても子どもを見ないといけない状況なので、
在宅での仕事となります。

自宅で子どもを見ながらでも出来る事は何か色々探して試し、
辿り着いたのがこの仕事です。

株は単純に直ぐに思い付きました。
株を始めるに当たり本を読みました。

その後はすんなり始めて株主優待を頂いたり、配当金を頂いてます。
株の本を選ぶ事の派生的に投資の本を読みました。
そこで知ったのが不動産の所有とFXです。
どちらも直ぐには始めめる事は出来ませんでした。
かなり躊躇したからです。

不動産所有に関しては運良く友達が不動産業界なので
その人の指南の元始めました。
結果としてはお金だけ出してオーナーとなり、
管理の一切を友人に手数料を払って任せています。

もしトラブルが合った時に夜間等子どもがいるので対応出来ないからです。
FXは他にもFXをしている友人が出来て、
話を聞いている内に私にも出来そうと思い始めました。
ちょこちょこ取引をしています。

クラウドの文章入力はTVの紹介で知りました。
たまたま見た、地方で暮らしながら
都会で仕事をするという
題名に魅かれて見た時に
クラウドワークスの紹介がありました。
クラウドワークスをしながら、
ウーマンクラウド、ランサーズも行っています。

スポンサーリンク

副業して良かった事は、雇われずに働く事が出来る事を知った事

副業して良かった事は自分で雇われずに働く事が出来る事を知った事です。
子どもの様子や自分の体調に合わせて仕事が出来るので貴重な仕事だと思っています。

休む時はしっかり休んで仕事をする時は子どもにも理解してもらい、仕事をしています。

又、クラウドワークスの場合はアプリでも展開しているので、
移動中等の時間に少しの記事を書く事が出来るので重宝してます。

副業して悪かったととき:時間的に余裕のない状態に追い込んでしまったとき

副業して悪かった事は多くの仕事を取り過ぎて
時間的に余裕のない状態に追い込んでしまう事もあった事です。

忙しい女性社員電話応対
それでも上手にやる事で二度と失敗しない様に努めています。

特にクラウドワークスはプロジェクトの場合、
申し込みをして開始は会社によりけりです。
時期をズラして複数応募したのに
実際の納期は同じ時期と言う事もあります。
合わせてランサーズで文字起こしの仕事もしており
かなりの時間を要してしまいました。
その時は流石に寝る時間を削って仕事をする事になりました。

全て終えた時には爽快感もありましたが、しばらく休む事になり、
結局は詰め込んでもゆっくりしても同じ結果になると分かりました。

これから副業を始める方には
是非難しく考えずに始めて欲しいと思います。
確かに証券口座を開いたり登録する時に
個人情報をさらしたりするのは不安でもあります。

しかし、その先にはお小遣い稼ぎであったり、
自分の自身にも繋がります。
不動産に関しては
出来るだけ長く入っていてもらう工夫をしたりしています。
株やFXは遊び半分でしていますが、
世界のニュースや経済に関して興味を持つ様になります。

副業を始める方へのメッセージ:上手に組み合わせる事で生活も心も豊かになる

クラウドの仕事は年、
月にいくら位稼ぎたいかを決めて
仕事を選ぶ事で安定した収入になります。
冬の寒い時も外に出ずに仕事が出来ますし、
急に出来た時間も仕事に充てる事が出来ます。
副業と在宅ワークを上手に組み合わせる事で
生活も心も豊かになると思います。
是非楽しい事を始めて見て下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする