起業体験談:変わり種?占い師に転職!「メリットは上司がいないこれに尽きます」占い師Lさん

PR

脱サラ起業経験者にインタビューをしましたのでお届けいたします。
体験者のリアルな言葉を耳にし、現在起業を考えている方の励みやご参考なれば幸いです。

占い師になる前は会社員で、コピーライターをしていました。

私は現在「ココナラ」「ワオミー」「自分のHP」を主力とし占い師をしています。

水晶玉手のひら光

鑑定方法はタロット&霊感で、対面鑑定、
メール鑑定、電話鑑定と今の時代にあわせてマルチに活動をしています。

ずっと占い師をしていた訳ではありません。

「そうなのですか!?」

はい。占い師になる前は会社員で、コピーライターをしていました。
脱サラを決断したきっかけは正社員という立場に対する疑問です。
転職が当たり前の時代で、一つの会社にずっといることは自分の中で考えられませんでした。
職場では毎日が終電、上司からの罵詈雑言、そこに幸せがあるとは考えられなかったからです。

元々副業でワンコイン占いをやっており、評価も上々でした。
「値段を上げてもいけるのでは?」という過信と、
「自分の力で金を稼いでみたかった」というのが脱サラの理由ですね。

脱サラのメリットは、上司がいないことこれに尽きます。

「脱サラのメリットは何ですか?」

脱サラしてよかったことは、上司がいないこと、
これに尽きます。人間関係の悩みはゼロで、
自分の思うがままに進むことができます。

また、会社員時代に言われる「ありがとう」と脱サラしてからの「ありがとう」は重みが違います。
自分が頑張れば頑張るだけ、「ありがとう」と言われた時、感動が待っていますよ。

インターネットに当たる占い師として紹介された時は「やった!」と思わずガッツポーズをしてしまいました。
自分は制作職一本だったので、経理の知識はありませんでした。
脱サラをするならば、自分でやらなければなりません。
新たなスキルを身につけられたのも、自分にとってプラスな出来事ですね。

「逆にデメリットは?」

脱サラして悪かったことは、金銭面の管理です。
多めに貯金をしていたつもりでしたが、
初めはなかなか起動に乗らず、四苦八苦していました。

私は幸い実家というものがあったので、
家賃の心配はなかったのですが、それでも毎日が冷や汗でした。
その他には、占い師という特性上、
たえず人の悩みを聞き続けることになるので、
自分をしっかりと持っていないと、心が壊れます。

お金の不安と自分のメンタル、これを乗り越えるために、
私は週に一回、好きなことを好きなだけ行う時間を作りました。

スポンサーリンク

独立起業、これから脱サラするならまずは貯金!

「最後にこれから起業を考えている方にメッセージをお願いします。」

脱サラを考えるなら、貯金は必要以上に貯めておいた方がよいですよ。
自分の経験談から、はっきりと伝えられます。
私のように終身雇用に疑問を持っている方は多いと思います。
脱サラは怖いことではありませんし、悪いことではありません。
行動した先には、会社員では味わえない素敵な出来事が待っていますよ。
まずは貯金、それからです。
同じ「ありがとう」も重みが違います

脱サラしてからの「ありがとう」は重みが違いますと言う言葉が印象的

ライターから占い師に転職したLさんのインタビューでした。

転職が当たり前、終身雇用に疑問が現代だと私も考えます。
行動した先には、会社員では味わえない素敵な出来事が待っていて
会社員時代に言われる「ありがとう」と
脱サラしてからの「ありがとう」は重みが違いますと言う言葉が印象的でした。

他人の悩みを聞くと言う仕事柄、
自身のメンタルの管理に気を配っている点は「なるほど」と感心しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする