エックスサーバーのワードプレスのインストール方法。サブドメインに入れてみた

PR

エックスサーバーにWordPressをインストールする機会があったので、
手順をまとめてみました。

エックスサーバーってなに?て人はこれです。

エックスサーバーにWordPressは画面の指示に沿って
簡単にインストールできるのですが、
後々の管理をしやすくするためにデーターベース名をあらかじめ設定するといった
ちょっと一工夫して私は管理していますので
その辺のノウハウも共有いたします。

エックスサーバーのサブドメインの設定方法

今回はサブドメインにワードプレスを入れたので、

あらかじめサブドメインを準備しておきました。

サーバーパネルの赤枠「サブドメイン設定」をクリックします。

このような画面に遷移するので

必要事項を入力し、サブドメインを設定します。

サブドメインを設定しない場合は読み飛ばしてくださいね。

エックスサーバーはワードプレス自動インストールが備わっていて簡単

エックスサーバーはwordPressの自動インストール機能があらかじめ備わっているので

インストールが簡単です。

サーバーパネルの

赤枠の「自動インストール」をクリックします。

WordPress自動インストールの画面を見ると

インストールURLには、先ほど設定したサブドメインが表示されていることが確認できます。

画面下にデーターベースの設定があります。

通常であれば「自動でデーターベース」を選択するだけでいいのです

wp1とかwp2とか自動でデーターベースが作成されます。

ただこれだとWordPressブログが大量になってくると、

「あれ、どのデーターベースがどのブログだっけ?(・へ・)」

と分からなくなって対照表とかを参照するのがめんどくさくなったので、

時間短縮のためにも、一目でわかるように、

ブログのイニシャルなどでデータベースを設定する運用に変えました。

ですので「作成済みのデータベースを利用する」でWordPressをインストールします。

スポンサーリンク

WordPressインストール用データーベース事前準備

データーベース作成も簡単です。

MySQL設定の画面で必要事項を入力し追加するだけです。

最終確認画面でOKであれば「確定」します。

これでデータベースができました。

ただ、あと一歩で、画面の通り「ユーザーはいません」となっているはずなので、

左のユーザー一覧から、適切なユーザーを選択し「追加」します。

これで完了です。

WordPressインストール手順

自動インストールでWordPressを選択します。

必要事項を記載します。

作成済みのデーターベースを利用します。

※これは完全に好みの問題ですので「自動でデーターベースを作成する」でもいいです。

最終確認画面が出ますので「OK」であれば「インストール」します。

完了するとWordPressの管理画面のURLが表示されます。

管理画面にログインすると、無事”いつもの”見慣れた画面になります。

これ以降はWordPressの管理画面でプラグインの追加など

諸々の設定をしWordPressサイトを構築していきます。

エックスサーバーはさすがにアフィリエイター御用達であることもうなずけます。

速度が速いのもそうですが、大量にWordPressを準備するときも
ワンタッチとまではいかなくとも簡単に設定できるのが重宝します。


にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
みなさんの暖かい応援が励みになります!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする