起業体験談:ライターWさん – 利益を追求せず、まずは信頼を勝ち取っていきましょう。

PR

脱サラ起業経験者にインタビューをしましたのでお届けいたします。
体験者のリアルな言葉を耳にし、
現在起業を考えている方の励みやご参考になれば幸いです。

起業前は一般事務や倉庫仕分け作業などを行なっていました

「Wさん初めまして、お忙しい中、お時間を作ってくださいましてありがとうございます。
早速ですが現在のお仕事を伺ってもよろしいですか?」

現在のお仕事はクラウドワークスでライター業を本業として、
メルカリやヤフーオークションでの転売。
ECサイト運営。イベント主催などで生計立てています。

サラリーマン時代のは一般事務や、
倉庫仕分け作業などを行なっていました。

倉庫青空の下

なぜ脱サラを決断したかと言いますと、
前の職場でパワハラ・モラハラにあい、
精神を病んで休職後退職しました。

その後休養中に在宅でできる仕事はないかと、
探して居たところクラウドワークスと出会い、
個人事業主として起業しました。

脱サラしてよかったことは?(メリット)

自分の自由な時間がたくさん取れる。
やりたいようにやれる。

自由に空を飛ぶ鳥

自分を縛るものが何もなくなる。
ストレスフリーに働ける。

働いて居て楽しい。
満員電車からの解放。
通勤時間がなくなる。

やったらやっただけ、直接成果や報酬につながるので、
モチベーションが尽きない。

自由な時間が増えるので、勉強会やセミナー、
講習会に参加しやすくなり、顔も広がっていく。

ビジネスチャンスがそこで掴めたり、
自分への成長への投資がガンガンできる。

スポンサーリンク

脱サラして悪かったことは(デメリット)

サラリーマン時代よりも1.5倍稼がないと、
同じ生活水準を保つことはできないこと。会社が守ってくれないこと。

鎧を着た武士と曇った青空

何かトラブルがあったらすべての責任は自分に覆いかぶさってくるので、
きっちり自分で責任を取らなくてはならない。

営業から実務、マネジメントまで全て自分で行わねばならない。

外注することはできるが、コストがかかる。
仕事を自分で探して取ってこなければならない。
フリーランスは企業としての信頼がないため、
仕事を取るのが大変。

その点サラリーマンは上から仕事が降って湧いてくるので、
楽チン。

独立起業は「見切り発車すること」

「これから独立起業する人に向けてのメッセージをお願いします。」

法人化は急いでやらなくて良い。

個人事業主として1000万の収入を越えるようであれば、
法人化を考えましょう。
それまでは個人事業主の方が、節税面でも、
動きやすさとしてもメリットが大きくあります。

そして、まずは会社をスッと辞めること。
見切り発車すること。

何も保証がない状態で始めれば、
自分のお尻に火がついて、何が何でもやり遂げようとするでしょう。

保証がある状態では、人間は本気にはなれません。

火事場の馬鹿力を出せる環境を、自ら作ってしまいましょう。
それが起業家として成功する、重要なファクターだと私は思います。

もうひとつ大切なことは、利益を追求しすぎないこと。
利益を追求せず、まずは信頼を勝ち取っていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする